学校案内

あいさつ

 第22代校長 鹿嶋 浩   
 愛知県立岡崎聾学校は、歴史と伝統のある学校です。創立は明治36年(1903年)までさかのぼります。平成15年には創立100周年の記念式典を挙行しました。
 令和3年度は創立118年を迎え、全国で8番目に古い聾学校です。今年度は、幼稚部23名、小学部40名、中学部26名、高等部23名、全校幼児児童生徒112名が在籍し、26学級でスタートし、東海地区(愛知県、岐阜県、三重県)では、最も大きな聾学校となりました。また、本校の学区は西三河全域で、9市1町(岡崎市、豊田市、西尾市、安城市、刈谷市、知立市、高浜市、碧南市、みよし市、幸田町)の聴覚障がい教育の拠点校として、0歳から18歳までの乳幼児、幼児、児童、生徒の教育相談や、通級指導を行っています。
 本校の特徴は、文武両道です。過去10年間の高等部卒業後の進路先では、進学と就職がほぼ半数ずつとなっています。また、昨年度は初めて岡崎市役所に技能業務職として就職することができました。卒業生の中には、大学に進学し、現在は聾学校の教員として愛知県や静岡県で働いている卒業生もいます。また、多くの卒業生が、全国でも有名な自動車関連企業に就職し活躍しています。さらに、昨年度は卒業生がアビリンピック(全国障害者技能技術大会)で金メダルを獲得しました。過去には、デフリンピック(聴覚障がい者のオリンピック)で金メダルを獲得した卒業生もいます。
 令和元年9月には、国立大学法人筑波技術大学と連携協定を結びました。これは高等部に普通科しかない聾学校としては全国初となります。
 また、交流及び共同学習も盛んで、幼稚部はレオナ幼稚園と小学部は岡崎市立岩津小学校や恵田小学校と中学部は岩津中学校と様々な交流を行っています。なかでも、恵田小学校との「落ち葉スキー交流」は毎年テレビや新聞等でも紹介される特色ある交流になっています。
 さらに、部活動では、一流アスリートに指導をしていただいています。ここ数年はバレーボール部がVリーグのジェイテクトの選手、陸上競技部は、トヨタ紡織の選手に指導をしていただいています。本物の選手のプレーや走りを間近で見、アドバイスをいただけることは生徒にとって大きな刺激となり財産となっています。
 最後になりますが、令和元年10月から学校ブログを開設しました。令和3年4月現在で約30万件を超える来校者がありました。今年度も、学校ブログやHPを利用して、岡崎聾学校の魅力を発信しますので、これまで以上のご支援とご理解を賜りますようお願いいたします。

令和3年度学校経営方針

令和2年度学校経営方針

目指すべき授業

年度当初の職員会議で校長が朗読しました。
「優劣のかなたに」(理想の授業)を目指し、職員が一丸となって魅力ある授業づくりに取り組みます。


優劣のかなたに  大村はま

優か劣か 
そんなことが話題になる、
そんなすきまのない
つきつめた姿。
持てるものを
持たされたものを 
出し切り
生かし切っている、
そんな姿こそ。

優か劣か、
自分はいわゆるできる子なのか
できない子なのか、
そんなことを
教師も子どもも
しばし忘れて
学びひたり
教えひたっている、
そんな世界を
見つめてきた。

学びひたり
教え浸る、
それは
優劣のかなた。
本当に 持っているもの
授かっているものを出し切って、
打ち込んで学ぶ。
優劣を論じあい
気にしあう世界ではない、
優劣を忘れて
ひたすらな心で ひたすらに励む。

今は できるできないを
気にしすぎて、
持っているものが
出し切れていないのではないか。
授かっているものが
生かし切れていないのではないか。

成績をつけなければ、
合格者を決めなければ、
それはそうだとしても、
それだけの世界。
教師も子どもも
優劣のなかで
あえいでいる。

学びひたり
教えひたろう
優劣のかなたで。 

沿革

明治36年6月 岡崎町大字康生で一軒の家を借りて開校、初代校長は佐竹政次郎
大正8年   旧廣幡学校(伊賀町西郷中)に移転
大正14年   学則の一部を変更 口話式教授法を使用
昭和22年   愛知県に移管され愛知県立岡崎盲唖学校と改称、聾唖部職業科に理容科、被服科を設置
昭和23年   盲聾が分離、愛知県立岡崎聾学校と改称
昭和24年   学則が変更 幼稚部、小学部、寄宿舎が移転
昭和28年   創立50周年記念式典挙行
昭和40年   岡崎市西阿知和町移転 幼稚部、小学部、寄宿舎が移転
昭和41年   学校本部と中学部が移転
昭和47年   高等部本科専攻科が移転
昭和47年11月 創立70周年記念式典挙行
昭和54年   校訓を制定
昭和56年   校歌を制定
昭和57年   高等部に普通科を設置
昭和58年6月 創立80周年記念式典挙行
平成5年11月 創立90周年記念式典挙行
平成9年   特別普通教室棟(東校舎)新築
平成13年   普通教室棟(南校舎)渡り廊下を新築

平成14年   韓国大邱栄話学校と姉妹校約定締結
平成15年11月 創立100周年記念式典挙行
平成31年   普通教室に空調設備を設置
令和元年   特別教室に空調設備を設置
令和元年9月 国立大学法人筑波技術大学との連携協定締結